2016年12月23日金曜日

ループする欲望

欲しがって  手に入れ   飽きて また忘れ

じき次の物を欲しがる

君がこのままずっと死ぬまで

それを繰り返すつもりなら 一言だけ教えよう

君はもう何十回と生まれ変わっては

その度にずっと同じような生き方をしているんだよ

どうして飽きないのかが不思議なんだよなぁ

2016年12月22日木曜日

WALKING DEAD からの 自性清浄心


どんなに罪に汚れても汚れない心がある

何人のウォーカーの頭を刺しても

何人の人間を殺しても

心の中に決して汚れない部分があって

 それが人を苦しめる


仕方なくやる事の中に

悪い事が潜んでいることに気付いて

罪を告発してくるのは あなたの心の中の汚れていない部分

仏教では自性清浄心といいます

この自性清浄心をどこまで深く開発できるか

これが 悟りです

スーパーモンキー

ある晩私は釈迦の仕掛けたカラクリが「わかった!」と叫んだ
それからいい気になって小躍りした
それからまるでこの世界を手のひらに乗せられるか試すように
両手で何かを掬い上げるような動きをしてみた

空を切った手のひらに御釈迦様の脳みそが乗ってるところを想像する
けど実感がない

そこでようやく気がついた
私が立っているここが如来の掌の上だ

それからどうなったかというと自分の頭に絶対外せない金剛輪が
すっぽりはまってる事に気がついたわけ
御釈迦様に楯突いた猿がどうなったか西遊記でみてたはずだったが、
どうやら御釈迦様をお助けして生きる以外に選択肢はないみたい

この世界のカラクリを知りたい欲望が私をここまで導いた
つまり欲望が上等なら細工は流々
特別な参考書もマジナイもいらない
必要なのは自分の罪を見逃さない心
自分の罪をどれだけ深く意識できるかで
人間 差が出る 面白くも悲しくもね!

2016年12月14日水曜日

如来の掌(手のひら)



如来の掌(手のひら)がどんなものか
のってみたくない?

「欲は悪い」とよく言われがちけど
これって「包丁は危ない 」っていうのと同じ匂いがする

だって人から生きたいという欲望を奪えないでしょ
そう!まず人は何はさておき生き続けたい。
息はしたいし 食べたいし 寝たい
楽しみたし 笑いたいし 歌だって歌いたい
あらゆる欲望を抑えて ただ平安を願うなんてあり得る?退屈で死にそうでしょ。
賢者様ならいざ知らず一般的なホモ・サピエンスは面白そうじゃないことにパワーは持続しないもの 進化した猿が張り切るにはもっと純粋な動機付けが要るんだな


だから小難しい経典に限らず世界に溢れるヒントの中から釈迦真意のソースをみつけて紹介していく
あなたを如来の掌までお連れできればと思ってる つまりこれが私の(表向きの)欲望ね


Do you know what the palm of the palm is like?
Do you want to ride it?

Religion often tends to be said "greedy is bad"
This smells like "kitchen knife is dangerous".

Humans can not deprive living desires
so! First and foremost, people want to live.
I want to suck oxygen. I want to drink water.
If possible, I would like to have lungs with clean air.
I hope the drinking water is as delicious as possible
I want to eat every day. i want to sleep.
I want to laugh because I want to have a good time, sometimes I want to sing a song
Can I suppress all desires? Do you pray with peace?
Such a thing is boring.

General Homo sapiens are not interesting if it is not interesting
The evolved monkey needs a more pure incentive to survive


Therefore, not only difficult chapters, from the hints of the world
Find the source of the real intent of Buddha
I want to take you to the palm of Tuscany
This is my quite serious wish (on the surface)



2016年12月3日土曜日

暴言につき訂正w


「日本死ね」はブログを読んでいない人たちにも十分な共感を得たと思う
「死ね」はこの場合 自分の国に向けられているので 愛情の裏返しである事は明白
「一回死んでこい」の進化系で真意は甦りを願っている言葉だ

このニュアンスをしらない人が多いのか
政策批判は安部政権批判なので反発しているのか どっちかだけど

多分全部キュウイ頭のせいだ

2016年12月2日金曜日

地底人

地底人が発見された時 その風貌に地表に住む人々は驚いた

なぜなら地底人は全部同じ顔だったから

しかし誰よりも驚いたのはだろう

なぜなら地底人は全員 自分と同じ顔をしていたから

は極平凡な社会人でこれまで自分が何者かも知らずに地表で生きてきた

人類はが地底人なのか  

何者かがのクローンを培養して大量の地底人を作り出したのか

どちらかに違いないと予想をした

の身元は過去に遡って入念に調べられたが調べるほど謎の多い人物である事がわかった

まずには両親がいたが

養護施設から貰い受け育てたというだけで血縁関係はない事がわかった。

一度だけ「どうか自分の父がどことなく自分似の小さいおっさんであってくれたら!」

と悔し涙を流したが、想像してみたらそれも気持ち悪いので泣いたりするのはやめた

事実を認めて自分にできることをやるだけだと割り切って

前向きにこの事態に取り組むことに決めた

世界会議は地底人との交渉役にを指名した

そもそも言葉が通じるのか不安だった 

いきなり殺される可能性だってある 

自分がなかば斬り込み隊長のような役回りだと理解したが、

任務を断ったところで先が思いやられた 

を地底人側のスパイだと疑う者達から連日SNSによる攻撃を受けていたからだ

もし任務を辞退すればどうなるか想像するのは簡単だった

は地底人との交渉に尽力する事にした

昨日まで世間に埋もれていた自分がなんの因果で人類代表だよ 

と独り言を言った時だった 

送り主はわからないが確かに脳内で声を聞いた 

テレパシーをキャッチしたのか、はたまた自分自身の声なのか

いずれにしろ自分の中の能力が覚醒をはじめているのだろうと思った


People in the basement were surprised by their appearance when people in the underground were discovered

Because the people in the basement were all the same face

But he was more surprised than anyone else

Because all the underground people had the same face as me

He is a very common social worker, living on the ground without knowing anything about himself

People suspected he was not a groundworker
Or I thought that all people living in the ground could be his clones
His identity was retrospectively reviewed in the past, but it turned out to be a mysterious person to investigate

At first there were parents, but when we received from parents' nursing facility and raised, it turned out that there was no blood relationship.

Once, I regretted tears, "If my father is somehow a little man that looks like me!" I regretted tears, but when I imagined that it was way too bad I did not cry

I acknowledged the fact, I decided to prospectively study this situation by doing what I can do for myself

The World Congress appointed him as a negotiator with underground people

I was worried about communication with underground people
There is even the possibility of being suddenly killed

I understood like a captain like a captain and a captain,

I am a place where I refused to transfer

It is because it was attacked by SNS every day from those who suspect him as a spy of the underground people

It was easy to imagine what would happen if I declined the assignment

He decided to work hard to negotiate with people in the basement

It was when I told myself "I am human under the causal relationship I was buried in the world until yesterday"
I do not know the sender, but certainly I heard the brain voice

What you thought was capturing telepathy, your own voice, or the ability inside me started to wake up